電子定款の利用

電子定款

会社を設立するには定款を作成する必要があります。

電子定款を簡単に説明すると、定款をパソコンでPDFファイルにして、電子署名を付したものが電子定款です。

株式会社設立の場合には、定款を作成した後に公証役場で認証を受ける必要がありますので、

作成した電子定款を電子申請し、最後に公証役場に出向いて認証を受けます。

電子定款のメリット

紙による定款には4万円の印紙を貼る必要があります。

電子定款には必要ありませんので、会社の設立費用が4万円安くなるのです。

電子定款作成・認証サービス

設立費用が4万円安くなる電子定款の作成・認証ですが、利用するには初期投資が必要となります。

実はこの初期投資、4万円以上かかりますし、しかも設定などのマニュアルを読み込むだけでも時間と労力を使います。

※合同会社については公証人の認証が必要ありませんので、全て郵送で電子定款の作成を行わせていただきます。

当事務所の報酬(電子定款のみ)

☆株式会社・・・15,000円
☆合同会社・・・10,000円
☆印鑑3点セット・・・15,000円
(書体・・・吉相体は+3,000円)

※上記以外に係る費用について
・ 当事務所では、登記申請に関しては別料金となっております。
 別途、司法書士報酬42,000円(税込み)が掛かります。

・宅急便の着払い費用(740円から1,500円ほど)

☆株式会社設立書類一式 57,000円
☆合同会社設立書類一式 52,000円
(面談・電話質問に対応しておりません。)

☆設立ご相談
電話相談対応・面談相談 20,000円(面談はご来所可能な方のみ)
       

Copyright(c) 2010 電子定款・株式会社設立・合同会社設立専門サイト All Rights Reserved.