個人事業主からの法人設立

☆ご注意☆

個人事業廃止の届出

個人事業から会社設立をする場合

税務署に個人事業を廃止したことの届出をする必要があります

個人事業の廃止日は会社成立日の前日となります。

会社成立日は、法務局へ会社設立書類提出日になりますので、書類提出の前日に個人事業廃止の届出を行いましょう。

■ その年の個人事業としての営業期間は、1月1日~法人設立の前日までとなりますので、翌年3月15日までに確定申告をすることになります。

提出書類
1.個人事業の開廃業等届出書(法人化して個人事業をやめる場合)
2.所得税の青色申告の取りやめ届出書(個人事業で青色申告をしていた場合)
3.事業廃止届出書(従業員・専従者に給与を支払っていた場合)
※提出書類は各個人事業主の状況によりますが、書類雛形は税務署に揃っていますので、足を運んでその場で記入提出をすれば良いでしょう。

Copyright(c) 2010 電子定款・株式会社設立・合同会社設立専門サイト All Rights Reserved.