費用的に安くなる可能性とは?

「当事務所に依頼した方が費用的に安くなる可能性とは!?」

当事務所では、株式会社・合同会社を設立する際には、電子定款を使用しております。

これによって不要となる収入印紙代の4万円よりも、当事務所への報酬が安いため、

「当事務所に依頼した方が費用的に安くなる」と言う訳です。

電子定款のメリットは、定款認証時に収入印紙代4万円が不要になる点にあります。

しかしながら、電子定款をご自身で作成するためには、いくつかのソフトが必要になりますので、それらを新規で揃えるとなると、確実に4万円以上のコストがかかることになります。

【 例 】
◇ワープロソフト
◇PDF作成ソフト
◇電子証明書(住基カードの場合にはICカードリーダー)
◇電子署名用ソフト
◇証明済文書を表示するソフト
(当事務所導入時において10万円を越える費用がかかりました)

ですから、電子定款で認証を受けようとすると、電子定款に対応している専門家に定款の作成・認証を依頼するのが安心ですし、安上がりです。

印紙代以下で作成・認証を代行してもらえれば、コストも安くなるという計算になります。

 


《 関連記事一覧 》

Copyright(c) 2010 電子定款・株式会社設立・合同会社設立専門サイト All Rights Reserved.